トップページへ
運営委員長・横山 あいさつ

あいさつ
                                          2016年3月1日
私たちが住んでいるこの地へ
全国で活躍する演劇・人形劇・音楽コンサート・コマまわしやパントマイム、
マジックなどのパフォーマーに来ていただきはじめて27年経ちました。
 
27年前、
私たちは日々の暮らしに子どもたちと一緒に生の舞台を楽しむことをプラスしました。
 
年月を積み重ねてこそわかったことがあります。
一緒の舞台を見て笑ったり、泣いたり、怒ったり・・・感情を共有することがいかに大切かということ。
 
感性がつながっていくことが一緒に地域で暮らしていくのにどれだけ大切かがわかりました。
 
発足当時の会員同士が会って以前観た作品の話をすると、
す〜っと気持ちはその時に戻り、

「あれ、よかったよね〜 泣いちゃったよね〜」」
「あのお話は忘れないよ。内容の深い話だったよね」
「素敵なコンサートだったね。未だに子どもと話が出るよ」
「素晴らしい人形劇だったね」
 
など・・・
 
この会で知り合った人と一生の友達になることが多いのも、
一緒に楽しんだ感情の共有からかもしれません。

これは言葉には表せません。
ぜひ感じてください。

そして今はもう、発足当時子どもだった人が親になってきました。
鮭の子を待つ大地の気分です。 
 
さあ、帰っておいで〜!
つなげて待っていたよ〜!